•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    さくらの父親が亡くなって間もなく、母親が再婚した。突然新しい父親ができて、まだ慣れない。さくらは学生顔だが親以上の肉体を持っており、変態義父はその肉体に惹かれてしまった。さくらの母親が3日間帰省した際、寝ている隙をついて痴漢して憑依し、何度も奉仕を強要した。そしてこの3日間、彼女は学校に行くことも、バイトすることも、家から出ることもできませんでした。彼女は彼の行動に嫌悪感を抱いたはずですが、そうではありません。継父がこれまでに経験したことのない快楽をもたらしてくれたとき、彼女は再び興奮し、嬉しくなり、幸せな気持ちになりました。